『[ドラゴン桜] こちらはドラマの情報ページです』

 今見ると、俳優陣がとても豪華ですね!

私は、このドラマの後〜伸びた人が多い気がします。 テレビなどで人気が一番上がったのは‘新垣結衣’さんでしょう。(顔が違うしw)
それにしても随分変わりました、ドラゴン桜の出演者たち・・・・・

私の大好きな阿部寛さんは、その後もいい雰囲気出してますよね。 やはり身長が高いし〜顔もいい〜 あの佇まいを出すのは他の役者では無理でしょう。声も独特で〜、[代わりのいない俳優]ですね!

山下智久さんの出演したドラマ「プロポーズ大作戦」が大好きな私ですが、彼はどのドラマでもあまり変わらない印象ですね。 あまり笑わない、クールな役が多い。(かっこいいのは間違いないけど…)

長澤まさみさんは新垣結衣さんの次に顔が変わったと思います。ドラゴン桜のころはふっくらしてましたね。(高校生らしくてとてもかわいい) 私はこの頃が一番好きです。

新垣結衣さんは皆さんご存知のとおり、その後大人気に! ドラゴン桜の放送当時、長澤まさみさんより上に行くとは、誰も予想できなかったと思います。。

サエコさんはダルビッシュ有さんと結婚しましたね。(離婚しましたが…) 彼女もこの頃が一番かわいかったと思います。俳優はやめたのでしょうか?? ドラゴン桜を今見ると、長澤まさみさんの次にいい・・・

※ 私の個人的な意見です。(すみません)


■このドラマの影響はとても大きく、実際に東大の志願者数は前年と比較して増えたそうです。関連ニュースは新聞などにも掲載されました。
■こちら皆さんが知りたい情報だと思いますが、”ドラゴン桜の木”は高校に実際に植えて撮影した〜というお話です。(今もまだあるのか、とても気になりますね…)
■そのドラマに出てくる[龍山高校]の撮影場所は、神奈川県横浜市鶴見区の‘神奈川県立寛政高等学校’

     

『ドラマの内容を紹介します』

 [ドラゴン桜]は、2005年7月8日から9月16日までTBS系で放送されたテレビドラマです。 主演はご存知〜阿部寛さん!
DVD-BOXも発売されています。 

ちなみに、原作は漫画作品で、テレビドラマの[ドラゴン桜]とは内容が大きく違うそうです。
(しかし、ハマリ役である阿部寛の桜木先生を見てからでは、漫画を読む気にはなれません・・・w)

あと主題歌もいいですよね⇒ melody.の「realize」♪

ここから、私なりにドラマの内容を詳しく紹介します〜〜〜
※ 出演者のことが中心であり、ネタバレというほどではないです



●最初に[ドラゴン桜]について簡単に言うと・・・ 
元暴走族の弁護士-桜木健二が、[偏差値36の超バカ高校]から‘東大合格者’を出すために奮闘する… という物語です。

こちらでキーとなるのが、バカ学校にやってくるこの‘桜木健二’の人間像です。ドラマを見ていくとその内容がわかってきますよ!

元暴走族で警察に捕まっていたり…すごい過去を持つわけですが、その後改心して勉強し、東大に合格しました。しかし進学せず弁護士の道を選ぶ。
つまり、、超バカが⇒勉強して⇒現役で東大合格⇒進学しないで⇒弁護士の司法試験合格・・・

この桜木健二という男のすごさというか、人としての大きさなどが、見てるうちにどんどんわかってくる〜というドラマの内容になっているのです。
東大受験のテクニックなどだけではなく、人が生きていく上での基本となるものまで… だからこそ説得力があります!!!

「生きていく上で必要な、そのやり方みたいなものを指導している感じ」と言えばいいでしょうか…… 
むしろ、ドラゴン桜のドラマ版では桜木先生から影響を受けて、生徒たちが人として成長していく部分を中心に描いていると思いますね。 (だからおもしろい)



●続いて、山下智久が演ずる矢島勇介について〜〜〜

基本的に‘一番バカ’という設定のようです /爆 (あの‘バカはちまき’を頭にしていることも一番多かったような?)
役としては、‘最初は伸び悩むけど後で伸びるタイプ’ですね。実際に東大にも合格しましたが、実はこれ桜木先生に近い。・・・

ドラマの中でも、特進クラスの特別講師である柳鉄之介先生(ヒゲの人)が言ってます。
「余計なことをくよくよ考えるタイプだから矢島は。高校時代のお前にそっくりだよ!」

それを聞いて桜木はいやがってましたが… 内心、自分でもそう思っていた感じがしましたね。

----中途半端ではなく、突き抜けてバカなやつのほうが〜 一度やり出すと勉強をするようになる---
と聞いたことがあります。 確かに何か目標に向かってやり出したときの「バネみたいなものが強い」気がします。 (これは桜木先生も言ってました)

また、矢島が他の誰よりも集中して受験のための勉強をしている姿や、一度決めたら諦めないでやる!という強い性格は、このドラマの中でもよく描かれていますね。
だからドラゴン桜はいいのです。 見ていて清々しい気持ちになります♪



●続いて、長澤まさみが演ずる水野直美について〜〜〜

彼女は‘自分に自信のない’タイプですね。 勉強も人としても。。([龍山高校]特進クラスの生徒の中でも、一番おとなしい感じ)
これには家庭環境が関係しています・・・・・

小料理屋(飲み屋)の経営で生計をたてているお母さんと2人暮し。 毎日のように酒を飲み〜いい加減な性格〜そして、お店のお客さんの男といつもイチャイチャしている姿を見て、水野直美はお母さんを軽蔑しています。
でも、基本的にはとてもやさしい心を持っている彼女は、特進クラスでの高校生活や桜木先生からの影響などもあり、だんだんお母さんのことを理解していきます。
(ただ、生活のために仕方なくこのような仕事をしている… ということは最初からわかっていた気がします)

ドラマの中では最初、一番やる気がない生徒でした。 受験勉強を始めたのも一番最後。 でも全体的に見ると、とってもいい子♪の役でしたね。

話は変わります・・・ [ドラゴン桜]と同じく、山下智久さんの出演したドラマ「プロポーズ大作戦」が大好きな私ですが、長澤まさみさんも出演してましたね!
どちらもとてもいい内容で、そしてかわいいので、、ぜひ見て下さい。



●続いて、新垣結衣が演ずる香坂よしのについて〜〜〜

「いつもクールな?!コギャル」という設定のようです。
勉強など一番やらなそうな感じの彼女が東大を目指す特進クラスに入ったのは、‘とにかく矢島勇介のことが大好き’だから。
ということもあり、矢島の幼馴染で、いつも近くにいる水野直美のことをよく思っていません。

それにしても、”新垣結衣 vs 長澤まさみ”って…  ドラマとはいえ〜私はドラゴン桜の山下智久がうらやましいです。 /爆
どちらもかわいい!!!



●続いて、サエコが演ずる小林麻紀について〜〜〜

こちらもコギャルですが、「アイドル志望」という設定です。
すでにタレント活動する友達が、何かにつけてメール(写真つき)をしてきます。その内容は例えば、海外での撮影のお仕事とか…
とにかくアイドルになりたい小林麻紀としてはこれが自慢にしか見えない。。 よって頭の中は、この彼女を上回る人気アイドルになることのみ!!

私は十分かわいいと思うのですが、ドラマの中で顔にはあまり自信がない設定というわけで、、
彼女が東大を目指す特進クラスに入った理由はただ一つ⇒ 「現役東大生アイドル」になるためです。つまりテレビに出たい・・・

さて、これは私の個人的な感想です。 (最近まったく見ませんが)サエコさんいい演技しますよね。最終回の泣いてるシーンなんて感動しました。



※ なお、緒方英喜役の小池徹平、そして奥野一郎役の中尾明慶の紹介は省きます /爆
・・・・・・・・



●気を取り直して、、長谷川京子が演ずる井野真々子について〜〜〜

桜木先生のやり方にイチイチ反発する、天然なところはありますが…生徒思いでまっすぐな先生です。
私はドラゴン桜というドラマを見ていて、最初は普通でしたがあとでかなり好きになりました。この人がいるからおもしろい!とさえ感じます!
(個人的には「元暴走族」なのに「暴力団みたいな人!」って言われて桜木先生が怒るパターンが好き)

もしかしたら、生徒よりも一番成長したのが井野真々子先生のような気がしますね。
最終回で桜木先生が去った後・・・(これ以上は書きません) あのシーンはとても感動しました。



●最後は、野際陽子が演ずる龍野百合子について〜〜〜

前理事長である夫が死んだことで龍山高校の理事長になった。 高校は借金まみれで倒産寸前!(だから弁護士の桜木健二がやってきたわけです)
経営が傾いていることでさまざまな問題が起こり、先生方からよく詰め寄られますが、すぐに泣き出し〜

「だってぇ、仕方ないじゃありませんかーー」「夫が死んでーー」「わたくしに経営のことなんて無理なんですよーー」・・・ 

というのが口癖ですw 基本的に高校の経営なんてやりたくないのにやっている… 
このシーンはとても多いです。 ドラゴン桜のドラマ出演者の中では、一番おもしろい人かな?!


私の個人的な感想ですが・・・
--- 長谷川京子が演ずる井野真々子、そして野際陽子が演ずる[龍山高校]理事長 ---

この二人がいるからこのドラマはおもしろい!
桜木先生とのやりとりは必見です。(笑えますw)      


※ 当サイトでは、最新かつ正確な情報を掲載するように注意しておりますが、その正確性などを保証するものではありません
また、リンクについてはページ内容を確認しますのでお問い合わせ願います